市場の仕組み

1.目的
 
中央卸売市場は、私達の食生活には欠かせない生鮮食料品(野菜、果実、魚介
類、食肉)
や生活に潤いを与える花を、国内外から安定的に集荷し、公正な取引
により適正な価格で販
売して、市民(消費者)のもとに安定して供給することを
目的としています。
 この中央卸売市場は、卸売市場法に基づき地方公共団体が、農林水産大臣の認
可を受け
て開設するものであり、開設区域内における生鮮食料品等の円滑な流通
を確保するための
卸売の拠点となると共に、開設区域外の広域にわたる生鮮食
料品等の流通の要となってい
ます。
   広島市では、中央市場(青果部、水産物部、花き部)、東部市場(青果部)、
食肉市場(食肉部)の3つの中央卸売市場を開設しており、中央市場の青果部と
東部市場については、国の第9次整備計画の中で中央拠点市場の位置づけとなっ
ています。

2.市場関係者の役割
 (1)卸売業者
  
  卸売業者は、農林水産大臣の許可を受けて、出荷者から販売委託された品
  物 (卸売した場合には、その卸売額に対して、広島市に届け出た委託手数料
  を収受します。)や買付集荷した品物を仲卸業者又は売買参加者に卸売しま
  す。主な卸売の方法は、せり売り又は相対取引となっています。
 (2)仲卸業者
 
   開設者の許可を受けて、卸売業者の行う売買取引に参加し、品物を評価す
  るとともに、購入した品物を市場内の店舗で分荷・選別し、売買参加者や買
  出人へ販売します。
 (3)売買参加者
 
   小売・加工・飲食業者等のうち、開設者の承認を受けて、卸売業者の行う
  売買取引に、仲卸業者と同じ立場で参加できます。
 (4)買出人(※注)
    小売・加工・飲食業等で、卸売業者の行う売買取引に参加する資格を有さ
  ずに、仲卸業者から品物が購入できます。
 (5)関連事業者
  
  市場利用者を対象に、各種(物販・飲食業・加工・サービス業)の業務を開
  設者の許可を受けて、市場内の店舗で行っています。
 (6)開設者
    広島市中央卸売市場の開設者である広島市は、業務規程に基づく施設の使
  用許可や維持管理、市場取引業務の許可や指導監督等を行っています。また、
  広島市中央卸売市場開設運営協議会の事務局は、中央市場に置かれています。

  ※注)広島市では、水産物部の買出人に登録制度を設けています。



 
戻るボタン